ブログのフレームワークをNext.jsにして、デプロイ先をCloudflare Pagesにした


Published on

もう題名が書くべきことの全てなんだけど、ブログのフレームワークをNext.jsにして、デプロイ先をCloudflare pagesにした。

主な理由は前のGatsbyのスターターキットのデザインが「なんか違う」とずっと違和感があって、変えようと思ったから。

image

フレームワークが変わってもブログコンテンツ自体はマークダウンでmdやmdxで保存されてるので移行にはほぼ困らない。とりあえず静的サイトジェネレーターのトップフレームワークはNext.jsで決まりそうだし、まーここはNext.jsでいいだろ、と。

ブログは読んでもらってなんぼなのでとにかく「読む機能」だけにフォーカスした。前に使ってたGatsbyのテンプレートはなにかと細かい機能が豊富に付いていたが、時間が経つとそれがジャマになっていった。

なので今回のはとにかくシンプルに徹した。タグ機能は無いし、ページネーションもかなり簡素。

その代わり全文検索をトップに付けた。事前にインデックスファイルをJavaScriptのオブジェクトで保存しておいて、クライアントで検索するやつ。めっちゃ爆速で検索結果が表示されるので気に入ってます。ぜひ使ってみてください。

image

Cloudflare Pagesサイコー

JAMstackプラットフォームとしては後発になるCloudflare Pagesだけど、先行するNetlifyやVercelとの差別化を図って、かつなにかの勝算でもなければこんなガチンコ勝負に出てくるわけがない。

そこで Cloudflare Pagesが打ち出したのは端的に言って「速い!安い!」だった。その名の通り速い、そして安い!

例えば帯域制限がNetlify、Vercelが共に100GのところがCloudflare Pagesは無料。つまりどんなにバズってトラフィックが来ても課金しませんよ、と。これがいつまで続くのかは分からんが、方針として速さと料金に絞っているのは分かる。

もうしばらくこれでいいやーって気分。

結局ブログは中身

なんぼフレームワークを変えてデプロイ先を最新のにしても、結局ブログなんて中身が勝負。爆速フレームワークでビュンビュンとページが高速表示されても、書いてることがショボいと誰にも読まれない。

アホなボンボンが高級車に乗ってるけど、アホすぎてまったくモテない、みたいな。

そうならないためになんかマシなこと書くようにします。ただ今回はそれほど書くこともないので、これにて終了。

関連記事